ホーム  | 連絡先  |

相続関連事業承継法制等検討委員会
活動内容



  • 事業承継に際しては、中小企業経営者が保有する株式等の事業用資産を後継者に集中的に取得させることが重要事項の一つとされているが、オーナー経営者の個人資産の大部分が自社株式等の事業用資産で占められるケースが多いことも踏まえれば、上記事業用資産の後継者への集中的移転が、他の相続人が有する遺留分等の民法上の制約により実現できない場合があります。
  • 上記をはじめとする相続法上の問題点について、その解決・改善に向けた制度の在り方等についての具体的検討を行いました。

    「相続関連事業承継法制等検討委員会・中間報告」はこちら